ネット通信講座

宝塚歌劇の顔である人気花組トップ明日海りおってどんな人?気になる花組も大特集!

♡完全無料BO配信♡

\驚愕の勝率96%/

☆今の生活に月+10万円以上の副業収入☆

☆サポート充実☆初心者大歓迎(^^♪

☆参加者数百人以上のグループ☆

本日は、現在の宝塚歌劇団の顔と言っても過言ではない花組の男役トップスター明日海りおさん!

一体、どんな人物なんでしょうか?

そして宝塚歌劇団で最も歴史ある花組の現在のスターと過去の卒業生を大特集!

<画像引用元・http://www.imgrum.org/user/oh_kikioh/1528008750/1350489181914549651_1528008750>

 

 

花組男役トップスター明日海りおプロフィール

<画像引用元・http://www.asahi.com/articles/ASK5R5SR6K5RPTFC00Z.html>

芸名:明日海 りお(あすみ りお)

出身地:静岡県

身長:169㎝

初舞台:2003年月組「花の宝塚風土記シニョ―ㇽ・ドンファン」

 

明日海りおってどんな人?

 

静岡県で1人っ子として生まれた明日海りおさん。

3歳からバレエを続けていたけれど、まったく宝塚の存在は知らずに成長してきたそうです。

そんな彼女が中学3年生の時に、たまたま宝塚ファンの同級生から「面白いから観てみなよ~」と勧められたのが元月組トップスター真琴つばさ主演の「LUNA/BLUE-MOON-BLUE」。

この公演をビデオで見たことが彼女の人生を変え、一気に宝塚にのめり込みこの翌日に家族旅行で訪れた香港でも宝塚のことしか頭に入らず、何も口にすることが出来ずに痩せて帰国したそうです。笑

帰国後早速、両親に宝塚受験を告げるも1人っ子の娘が芸能の道なんて絶対にダメ!と猛反対。

そこから、部屋に3日間籠り泣いて過ごしているとショック過ぎてなんと発熱。

この姿を見たご両親が、「仕方ない」と受験を許可。

そして、受験してみると無事に合格。

夢だった宝塚歌劇団の舞台に2003年に立った明日海りおさん。

同期には、雪組男役トップスター望海風斗・元星組娘役トップスター夢咲ねねなど。

入団時の成績は8番目と優秀で、大好きだった月組に配属。

その伝統的な宝塚の王子様ルックスから若い頃から注目を集め2008年に新人公演初主演。

<画像引用元・https://www.pinterest.se/annamori0414/%E6%98%8E%E6%97%A5%E6%B5%B7%E3%82%8A%E3%81%8A/>

そして、バウホール主演を経験するなど月組の期待スターとして活躍。

計3度の新人公演主演。そして、3度のバウホール主演を経験。

1期上の元月組男役トップスター龍真咲とバウホールや新人公演でもコンビを組んでいたこともあり“まさみりコンビ”と呼ばれ人気を博していきます。

そして2012年に龍真咲が月組男役トップスターに就任すると、準トップスターという異例のポジションに付き実質トップスターを経験。

2013年3月に花組に組替えとなり、2014年当時の花組男役トップだった蘭寿とむの後任として花組男役トップスターに就任しました。

 

花組娘役トップスター仙名彩世プロフィール

<画像引用元・http://www.asahi.com/articles/ASK3Q7798K3QPTFC01G.html>

芸名:仙名 彩世(せんな あやせ)

出身地:宮城県

身長:162㎝

初舞台:2008年月組「ME AND MY GIRL」

 

花組ってどんな組?

<画像引用元・http://kageki.hankyu.co.jp/star/flower.html>

1921年に、宝塚歌劇団に所属する生徒や公演が増えたことから月組と共に作られた歴史ある組です。

宝塚歌劇団の中では花組が最も歴史ある組と呼ばれていて、男役スターの宝庫とも呼ばれています。

生え抜きのトップスターが就任することが他の組に比べて圧倒的に多く、更に他組で男役・娘役トップスターに就任した人たちも花組出身者が多い事が特徴です。

実際に現在の5組のトップたちも雪組トップコンビ望海風斗×真彩希帆も花組出身。

宙組の男役トップ朝夏まなと。そして前任の娘役トップ実咲凛音も花組出身なんです。

 

現在の花組人気スターは?

芹香斗亜(2017年10月30日付で宙組へ移動予定)

<画像引用元・http://kageki.hankyu.co.jp/star/serika_toa.html>

芸名:芹香 斗亜(せりか とあ)

出身地:兵庫県

身長:173㎝

初舞台:2007年星組「さくら/シークレットハンター」

 

柚果光

<画像引用元・http://parallel1108.hatenablog.com/entry/2014/10/17/230000>

芸名:柚果 光(ゆずか れい)

出身地:東京都

身長:171㎝

初舞台:2009年宙組「薔薇に降る雨/Amour….それは」

 

花組の卒業生

真矢みき(1995年~1998年)

 

<画像引用元・https://blogs.yahoo.co.jp/dreamjapan04/53047655.html>

花組の卒業生の中で最も知名度のあるのが女優の真矢みきさん。

彼女は、男役トップ就任から“宝塚の革命児”という異名を付けられるほどの存在でした。

男役は短髪でなければならない。という、概念を覆しなんとロングヘアーの男役トップ時代を過ごしアイシャドウも以前のメイクアップから現代の色に変え、そして当時の宝塚歌劇団としては史上初の武道館でつんくプロデュースによってコンサートを成功に導くなどまさに革命を起こし、現在の宝塚メイクの礎を作った存在でした。

 

春野寿美礼(2002年~2007年)

<画像引用元・http://bbkids.cocolog-nifty.com/takarazuka/2007/04/tuxedo_jazz_b78e.html>

花組生粋の男役がトップに就任する。という花組伝統を守った最後の男役トップスターでした。

圧倒的な歌唱力を武器に、演技、ダンス3拍子揃ったまさに正統派の男役トップスターで彼女を支えてきた2番手や3番手スターの組替えなどを経験し5年間という長期に渡り花組を守り続けたのです。

 

今後の花組予定

では、今後の花組のスケジュールをご紹介します。

花組トップコンビが率いる2017年10月に赤坂ACTシアターで上演される「ハンナのお花屋さん」。

<画像引用元・http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/hannasflorist/index.html>

ロンドンの高級自宅地に1軒の花屋さんがあった。

デンマーク人のクリスが経営するその店は「ハンナのお花屋さん」と呼ばれ地元の人々からも愛されていた。

そんなある日、クリスの元にある知らせが・・・。

 

そして、花組はもう半分に別れ柚果光主演で上演されるドラマシティ―・東京青年館公演「はいからさんが通る」

<画像引用元・http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/haikarasan/index.html>

少女漫画「はいからさんが通る」を宝塚で初めて上演されます。

大正の東京を舞台に陸軍少尉と女子大生のコミカルな恋愛劇です。

 

まとめ

<画像引用元・http://www.zuccazuccamu.com/entry/2016/12/16/080750>

いかがでしたか?

花組は最も宝塚で歴史ある組。そして男役の宝庫と呼ばれていますので是非皆さんも花組公演を観劇して将来のトップスターを発見してみはいかがですか?

☆無料講座開催中☆

今の収入より数万~数十万以上稼ぎたい方必見!

専業主婦の私でも月数十万の収入が稼げるようになった

♡秘密を公開中♡詳しくは▼▼

☆関連記事☆

このページの先頭へ